クレンジングは乳化すれば美肌に良いって本当?やり方・メリット・注意点

クレンジングは乳化すれば美肌に良いって本当?やり方・メリット・注意点

クレンジングは乳化すれば美肌に良いって本当?やり方・メリット・注意点

 

濃いしっかりメイクもスルスルと綺麗に落としてくれるオイルクレンジングは便利ですが、気になるのが「肌への負担が大きい」ということではないでしょうか。
肌に悪い影響を与えるというイメージが強いオイルクレンジングですが、実際にはオイルクレンジングの使い方によります。

 

実はオイルクレンジングを乳化させて使用することで、肌への負担が大幅に軽減し美肌にもプラスになるのです。
ここではオイルクレンジングを乳化させるメリットや乳化の方法など詳しく紹介します。

 

【オイルクレンジング】乳化により肌への負担が抑えられる理由について

オイルクレンジングが肌に負担がかかると言われている理由や乳化とはどういうものなのか、乳化がなぜ肌への負担を軽減できるのか説明していきます。

 

オイルクレンジングが肌に負担がかかる理由

オイルクレンジングは肌に負担がかかると言われている理由は主に2つあります。

 

肌への刺激が強い

オイルクレンジングの特筆すべきメリットの1つは洗浄力の高さです。
他のタイプのクレンジング剤では落としにくいしっかりメイクもスルッと落とすことができるので、愛用している人も多いのではないでしょうか?

 

実は洗浄力が高いというのはメリットでもあり、同時にデメリットでもあるのです。
洗浄力が高い分、肌への負担や刺激も強く、肌に必要な潤いまで取り除いてしまい、乾燥やシワなど様々な肌トラブルの原因になるのです。

 

界面活性剤が含まれている

オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれています。
界面活性剤は洗顔料や食器用洗剤にも含まれている成分で、水分と油分が分離しないようにする働きあります。
界面活性剤は安全性の高い成分ではありますが、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、肌に負担がかかると言われています。

 

乳化とは?

油分と水分が混ざり合って白く濁った現象を乳化といいます。
乳化させたオイルクレンジングを使うことで肌への刺激が少なくメイクを洗い流すことができるのです。

 

オイルクレンジングを洗い流す際に、いつまでもヌルヌルとした感触が肌に残っていて、何度もすすがなくてはいけない...と感じている人も多いのではないでしょうか?
オイルクレンジングのデメリットの1つはオイルが肌に残りやすい点です。

 

そこで重要なのが「乳化させる」ことなのです。

オイルクレンジングを乳化させることにより、オイルと水がなじみやすくなりメイクが綺麗に洗い流させるようになります。

 

オイルクレンジングを乳化させるメリットとは?

 

オイルクレンジングを乳化させることで得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

摩擦による肌への刺激を軽減できる

前述の通り、オイルクレンジングはオイルが水をはじいてしまい、何度もすすぐ必要があり、その分、肌への摩擦が増えます。肌はとてもデリケートなので、些細な摩擦でも肌への刺激となり、乾燥やシワなどの肌トラブルの原因になります。

 

オイルクレンジングを乳化させることでオイルが洗い流しやすくなりますので、必然的にすすぎの回数が減り、肌への刺激も軽減します。

 

オイルクレンジングが肌に残らない

乳化させずにオイルクレンジングを使うと、すすぎの後も肌にオイルが残ってしまうことが少なくありません。
肌に残ったオイルやメイク汚れや毛穴の詰まりやニキビなど肌荒れの原因になります。
オイルクレンジングを乳化させることで、オイルが洗い流しやすくなり肌に残りません。

 

【オイルクレンジング】乳化の正しいやり方について

 

オイルクレンジングを乳化させる方法は時間もかからず、非常に簡単です。
わずかな時間で肌への負担を大幅に軽減できますので、ぜひマスターしましょう。

 

目元、口元のメイクを落とす

目元や口元のメイクをポイントメイク専用のクレンジング剤で落とします。

Tゾーンから馴染ませる

できるだけ肌への摩擦による刺激を軽減するために、皮脂分泌が最も活発なTゾーンから顔全体に馴染ませていきましょう。
この際、力を入れてゴシゴシしたり時間をかけてクレンジングするのは避け、優しく円を描く様にクルクルとメイクを浮かせます。

少量の水を加えて乳化させる

手についたオイルに数滴の水をたらしてなじませます。
透明のオイルが白く濁ったら乳化したサインです。

乳化したオイルでクレンジング

手のひらで乳化させたオイルを顔全体につけて、メイクを浮かせるようにやさしく馴染ませましょう。

ぬるま湯で洗い流す

必ずぬるま湯で洗い流してください。
すすぎの温度が高すぎると肌に必要な油分や水分まで取り除いてしまいますし、温度が低すぎると、クレンジングオイルが落ちにくくなります。
きちんと乳化したオイルはすすぎの際にゴシゴシ擦らなくても、スルッと落ちるのが特徴です。

 

※手には多くの雑菌が付着していますので、まず手を綺麗に洗い水気を拭き取ってからクレンジングしましょう。
※乳化は必ずオイルクレンジングとメイクをなじませた後に行ってください。その前に乳化を行うとメイクが落ちにくくなり、肌に残ってしまう可能性があります。

 

乳化させずにオイルクレンジングを使用するとどうなる?

 

オイルクレンジングを乳化させずに使用している人も多いと思いますが、肌にどのような影響があるのか見ていきましょう。

 

オイルクレンジングが肌に残る

オイルクレンジングはオイルが水をはじいてしまい、すすぎのこしが起こりやすいと言われています。
クレンジング剤は肌に残ったままですと、毛穴詰まり、ニキビ、肌荒れなど様々な肌トラブルを引き起こします。

 

摩擦や刺激など肌への負担が増える

前述の通り、オイルクレンジングは水をはじいてしまい、なかなか落ちないので、必然的にすすぎの回数が増えてしまいます。
その分、肌への摩擦や負担が増えます。

 

オイルクレンジングを乳化させる際の注意点について

 

オイルクレンジングを乳化させる方法は簡単ですが、気を付けなくてはいけないポイントがいくつかあります。

 

なるべく擦らない

乳化したオイルクレンジングは、オイルを洗い流しやすくする為にオイルと水を馴染ませることが目的ですので、強く擦る必要はありません。
ゴシゴシ擦ると肌への負担にもなりますので、優しくなじませましょう。

 

乳化やすすぎの際はぬるま湯を使用する

前述した通り、乳化やすすぎの際は必ずぬるま湯を使いましょう。

 

高温ですと肌の乾燥の原因にもなり、低温ですとオイルクレンジングがしっかり洗い流せません。
また、冷たい水は毛穴を引き締め毛穴の奥の汚れやオイルが肌に残ってしまう原因にもなります。

 

手と顔は濡らさない

濡れた手や顔にオイルクレンジングを使用すると乳化された状態になってしまい、メイクが綺麗に落ちず肌に残ってしまう可能性があります。
まずは濡れてない状態の手でメイクを落としてから、乳化をさせるのがポイントです。

 

また、最近は濡れた手で使えるオイルクレンジングも販売されていますが、同様の理由で乾いた手で使用するのがおすすめです。

 

まとめ

肌に負担がかかると言われているオイルクレンジングに、たった30秒程度でできる「乳化」というステップをプラスするだけで、肌への負担が大幅に軽減します。

 

また、肌への摩擦などの刺激が軽減することで、シワや乾燥などを予防でき美肌効果もアップします。

 

正しいオイルクレンジングの使い方をマスターし、ワンランク上の素肌を目指しましょう!

 

人気のクレンジングオイル商品
THREEのクレンジング

 

乳化の省きたい方におすすめのクレンジング口コミサイト
モイストゲルクレンジングは効果なし?悪い口コミから失敗を防ぐ!

トップへ戻る